富田望生 デビューのため太った体重何キロ⁈現在も痩せない理由が驚き?

エンタメ

デビュー前は痩せてるのに、デビュー作品のために体重を増やし、そのふくよかな、かわいいキャラで魅了している富田望生さん。現在も痩せない理由に驚きです。

2019年は「3年A組-今から皆さんは、人質です-」から6本のドラマに出演、映画は6本と飛躍的な活躍を遂げた富田望生さん。まだまだ出演予定がぎっしりです。

『なつぞら』では広瀬すず演じるなつの親友役で出演、『チアダン』に続き共演しました。

プロフィール

富田望生(とみた みう)
生年月日:2000年2月25日
出身地:福島県いわき市
身長:152㎝

富田望生さんが東京に出てきたのは東日本大震災がきっかけです。東日本大震災は、大地震、大津波、そして原子力発電所事故が重なった世界に類を見ない大災害でした。望生さんは住んでいたいわき市で被害に遭い家族で東京に引っ越してきました。

望生さんは以前からピアノを習っていて将来はピアノの先生になることが目標でした。しかし東京ではその夢を叶えるためのピアノがなく何もできませんでした。そんな時、養成所のタレント募集の広告が目につき「これだ!」と思って入所したそうです。

「最初はお芝居をやりたいというより、チャレンジ精神の方が強く、いろんな習い事をしたけど続いたのは女優だけ。テレビでも映画でも何でもいい、自分の姿が何かに映って、それをいわき市の友達に見てほしかった」と語っています。

デビューのため太った体重何キロ⁈

転機となった映画『ソロモンの偽証』のオーデション。現役中学生を大規模に募集し、長期間の選考が行われましたが、「太っている」浅井松子役の候補者が不足し、追加募集があったのです。当時の事務所の方が『とにかく応募しよう』と進めオーデションに合格しました。

しかし、合格してからが大変だったのです。ふっくらしていたけれど太ってはいなかった望生さんは監督に「あと20キロ太ってください」と指示されたからです。

「とにかく食べました。それしかなかったです。撮影中でも様々な食事が用意されていて、監督が役名で『松子、食え』って命令するんです(笑)。親戚が福島でお米屋さんを経営していて、東京でも地元の美味しいお米は食べられていました。母も一生懸命、料理を作ってくれたんです。特に野菜の煮物が大好きですね。そして最後は、お餅と団子が太ることを学びました。特に夜、寝る前に食べると確実に太ります。それでも20キロは無理でした。最終的には15キロのプラスで終わったんです」

いわき市の友達と一緒に地元の映画館で「ソロモンの偽証」を観たとき、そこに映っていたのは自分であって自分でないような、不思議な女優だったと語っています。15キロも太った自分に違和感があったのでしょう。

現在も痩せない理由が驚き?

気を許すと痩せる

演技力と存在感で一気に注目を集め、17年には今の事務所に移籍しています。映画『ソロモンの偽証』で太ったため、その印象があってオファーがくる。役をいただけるあいだはこのままでいようと思ったそうですが、何しろ10代だから新陳代謝が活発で少しでも気を許すと痩せてしまう。悩みは未だに体重だという。

「16年頃に、少し仕事に恵まれない時期があったんです。『体重を維持するために食べ続けるのは体に悪いかも』と反省して、普通の食生活に戻しました。すると、すぐに7キロから10キロは落ちてしまったんです。新しい役を頂いて慌てて太り直したりして、やっぱり大変ですね。服のサイズは変わりすぎて、もうバラバラです」

太ったキャラが定着

物語の中にたいてい「太っている人」がいます。そういう役にはお決まりの役回りがあります。おおらかで楽天的、観客をほっと笑わせるムードメイカー、そして食いしん坊。子どもにも判りやすいキャラクターは、スマートな主人公の側でドラマを支える脇役です。

富田望生さんは、そうした役回りをとても上手に演じています。2017年 映画『チアダン』『あさひなぐ』2018年『SUNNY 強い気持ち・強い愛』など作品の中で、主人公の友人役を見事にこなし好感を持たれました。

そして、2019年 NHK連続テレビ小説『なつぞら』で広瀬すず演じる主人公”なつ”の親友役に抜擢されたのです。朝ドラは多くの人が彼女を知り、名前を覚えることになりました。

脇役なんかじゃない演技

Netflixのオリジナルドラマ『宇宙を駆けるよだか』は、川端志季さんの人気マンガが原作の作品で、容姿端麗で前向きな性格の小日向あゆみ(清原果耶さん)と、コンプレックスを持つ海根然子(富田さん)の体が入れ替わってしまうというサスペンス&ラブストーリー。「いじめられている太った女の子の肉体と、その子と中身が入れ替わる容姿端麗な少女の魂」という二役を演じました。

富田さんは、清原果耶が演じる美少女との魂と身体の入れ替わりを、とても美しく真っ直ぐな発声で演じました。挫折や猜疑を知らない純真さ、その魂と身体の入れ替わりを声で表現しました。

それは『チア☆ダン』や『あさひなぐ』で演じた時とはまったく別の声で使い分け、いわば“主演女優”の声でした。富田さんはそういう”ヒロイン”の声を持っている女優なのです。彼女の演技力を世に知らしめた作品になりました。

SNSでも「富田望生さんは名演だった!」「演技の幅がただただすごかった」「演技力に圧倒された」と絶賛の声が上がりました。

広瀬すず 朝ドラのオーディションなしの理由とは!?気になる兄弟姉妹の構成は?
ハーフのように可愛すぎる広瀬すずさん。映画、ドラマ、cmと活躍中です。 広瀬すずさんがヒロインを演じるNHKの朝ドラ『なつぞら』は100回目を迎え平成最後の朝ドラとして注目を集めています。朝ドラのヒロインはオーディションで選ばれていますが...

ついに主役

ブスの瞳に恋してる 2019』は放送作家である鈴木おさむがさんが妻・大島美幸さんとの“交際ゼロ日での結婚”や、その後の結婚生活を綴ったエッセイ『ブスの瞳に恋してる』(マガジンハウス)を原作としたドラマです。

主人公の鈴野理役は、EXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、HONEST BOYZ®︎ のメンバーNAOTOが演じ、ヒロイン・大山美幸役は富田望生さんに決まっています。

放送は2019年9月17日(火)0時より配信開始されます。楽しみです。




まとめ

ソロモンの偽証』のオーデションでは、面談、カメラテストと進み「詩を読んでください」と監督に指示され、後日、監督から「感動した」と褒められたそうです。光るものがあったのですね。

「デブだから映画に出られているだけでしょ」といった陰口が耳に入り、ショックを受けたこともあったそうですが、主演を演じられるだけの演技力があり、出演本数が増え、今では同性のファンが増えたようです。

昔の痩せてるかわいい富田さんに戻っても演技力で女優として十分に活躍できると感じますが、今のキャラでも可愛く、ますます活躍されることを期待しています。

コメント

  1. […] 富田望生 デビューのため太った体重何キロ⁈現在も痩せない理由が驚き?デビュー前は痩せてるのに、デビュー作品のために体重を増やし、そのふくよかな、かわいいキャラで魅了して […]

タイトルとURLをコピーしました