エンタメ タレント

平手友理奈 欅坂46脱退の理由に驚き?女優業に専念か⁈

欅坂46でセンターを務めた平手友理奈さんが2020年1月にグループを脱会しました。

3月4日に平手友梨奈 オフィシャルサイトをオープン。

2020年10月30日(金)公開の映画『さんかく窓の外側は夜』に非浦英莉可役として出演が決定したとの発表がありました。

今後の活動が気になります。

平手友理奈のプロフィール

引用元:nogizaka46matomenoma.blog.jp

平手 友梨奈(ひらて ゆりな)
生年月日:2001年6月25日
出身地:愛知県
身長:163㎝
血液型:O型
女性アイドルグループ欅坂46の元メンバー
事務所:ソニー・ミュージックレーベルズ所属
特技:バスケットボール、バレエ

2015年 鳥居坂46の1期生オーディションに応募し合格。欅坂46でデビュー。
2020年1月23日、グループを脱退することが公式サイトで発表された

脱退の理由は

アクシデント

  • 2017年12月31日、『第68回NHK紅白歌合戦』で「不協和音」のパフォーマンス中、過呼吸のような症状のため鈴本美愉と志田愛佳が倒れ、平手友理奈はパフォーマンス中の右腕打撲により右腕の上腕三頭筋損傷で全治1か月と診断された。
  • 2018年9月5日、千葉・幕張メッセで行われた『欅坂46 夏の全国アリーナツアー』最終公演中、ステージから転倒落下し、退場。軽い打撲と診断された。
  • 2018年12月21日、以前から身体の調子が優れない状態が続き、改めて精密検査を受けたところ、腰部打撲・左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症、両手関節捻挫による遠位橈尺関節痛の診断を受けたため治療に専念し、一部活動については無理のない範囲で継続することが発表された
  • 2019年8月16日からの『全国アリーナツアー2019』は右ひじ負傷のため一部出演を見合わせ、9月18日・19日に東京ドームで行われたツアーの最終公演で復帰した。

女優として活動?

2018年9月14日公開の『響-HIBIKI-』で映画初出演にして初主演しました

  • 第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」の新人賞を受賞
  • 2018年度「日本インターネット映画大賞」 日本映画ニューフェイスブレイク賞受賞。
  • 2019年 1月「第42回日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞。

圧倒的な文才を持つ現役女子高生・鮎喰響を好演。自分の信念に正直で破天荒な一面を持ち合わせるヒロイン像を体現してみせ、演技力の高く評価されました。

そして、2020年10月30日(金)公開の映画『さんかく窓の外側は夜』の出演が決定しました。

ソロデビュー

平田友理奈さんは脱退発表直後にTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」(月~金曜・後10時)に出演。自らの口で報告後、リスナーに「私とはまた来月、この教室で明るくお会いしましょう」と呼びかけています。グループは脱退しましたが、所属事務所との契約は現在も続いています。2月もラジオ番組に出演予定です。

欅坂初の東京ドーム公演では、トリで自身のソロ曲「角を曲がる」を見事に熱唱しました。ソロとしてのデビューもあるかも知れません。



まとめ

平手友理奈さんは欅坂46での活動で怪我が絶えなかったようですね。体調の面でも続けるのは困難になったようです。卒業でなく脱退は活動半ばで抜けること。卒業でなく無念ですね。脱退はやり残した感があった本人の意思です。

また、平手さんとメンバーの間に溝ができてしまったということもあるようです。一人でセンターを続けた結果、平手さんは孤立してしまったようです。

初主演映画で新人賞を受賞していますし、演技力の評価から映画やドラマ絵の出演オファーがあると思います。アイドルの道ではなくとソロ歌手、女優としても頑張ってほしいです。

体調に留意して活躍されることを期待しています。

 

-エンタメ, タレント

Copyright© ポジティブ・ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.