自分磨き

肌断食 乾燥肌やニキビ対策に夜だけ洗顔⁈日焼け止めはいらない?肌断食の経過と効果は?

「肌断食」の本が目に留まり読んでみることに。その本を監修しているのがクリニック宇津木流 院長の宇津木隆一医師。「何もつけないスキンケア」の第一人者です。「肌断食」とはどうやるの?「肌断食」の効果は?

女性なら誰もが綺麗になりたくて、自分に合った化粧品を探すことにどれだけのメーカーを試しお金をかけてきたか。

私は最近、エイジングケア用の基礎化粧品を買ったばかり。無駄にしたくないけど気になります。本を読み進めるうちに「肌断食」を決行することに決めました。

その経過や効果を記したいと思います。まだ始めたばかりですが、これから「肌断食」をされる方の参考になれば幸いです。

乾燥肌、ニキビ肌に効果があるのか、何もつけないとは日焼け止めはどうするの?いろんな疑問の対処法を調べました。

乾燥肌やニキビ対策に夜だけ洗顔⁈

「肌断食」とは

化粧水、乳液、美容液、クリームを使わないスキンケアです。

市販の化粧品に含まれる肌に負担をかける成分をつけないこと。それを落とすために必要なクレンジングの負担をなくすことが肌にとって良い効果になると考えます。

「肌断食」のやりかた

基本は「つけない、こすらない、洗いすぎない」毎日行うのは肌を極力こすらない「水洗顔」です。

つけない

老人ホームに入所している祖母は、洗顔石鹸で顔を洗いません。温かいタオルで拭いてもらうだけです。何もつけませんが綺麗な肌をしていました。

最近は男性用のスキンケア用品が開発され、メイク男子が増えてきました。しかし、以前は何もつけていない男性ばかりでした。男性の顔は乾燥してガサガサしていたでしょうか?

肌が乾燥するのは肌の表皮が傷んでいるからです。表皮が傷んでいると水分が蒸発し乾燥した状態になります。健康な肌は何もつけなくても乾燥しないのです。肌断食は何もつけないことで健康な肌に戻していきます。

化粧水は水だからつけても良いというのは間違いのようです。

新聞紙に水で濡らした後の乾いた状態を想像してください。縮んでシワが寄っていますね。水分は蒸発するとき元々ある肌の水分も一緒に蒸発させます。乳液で蓋をしてというのはそのためですね。

乳液やクリームは界面活性剤を含んでいますから肌にダメージを与えます。保湿した気分になるだけのようです。

化粧品には防腐剤が使用されています。製造日から3年間は腐りません。肌に影響のない少量の防腐剤を使用していますが、肌には害です。化粧品の中には無添加で消費期限を記載しているものもありますので肌断食を断念したら無添加を使ってください。

こすらない

基本的に洗顔は水かぬるま湯で洗います。メイクを落とすために使うのは純せっけんです。

クレンジングや、メイク落とし、洗顔クリームには界面活性剤が入っています。汚れを落とすため、泡立ち良くするために水と油を混ざりやすくするために界面活性剤が使われています。

肌の表皮は水分と油分の2層からなり保護の役割をしていますが、界面活性剤が2層の組織を破壊してしまうのです。界面活性剤を含まない純石鹸を使用することで肌ダメージを防ぎます。

ミヨシ無添加泡の洗顔せっけん(純石鹸)

長年使い続けて傷んだ肌にはせっけんを使って洗顔をしても乾燥することがありますが、少しずつ改善するようですからとにかく続けることが大事です。

純石鹸で洗顔するときはよく泡立て、皮膚をこすらないように素早く洗いすすぎます。シャワーですすぐ場合は水圧と温度に注意して流します。

洗顔後はタオルを軽く押し付け水気を拭き取りましす。けして肌をこすらないように。タオルは柔らかいものを使いましょう。

洗いすぎない

クレンジングに界面活性剤が使われていることは前にも書きましたが、界面活性剤は皮膚のバリアを壊します。使うたびに乾燥肌は重症化するわけです。

ニキビの原因は毛穴につまった皮脂にヨロれや菌が付いて炎症した状態です。洗顔により皮脂を取り過ぎると皮脂はそれを補うため過剰に皮脂を分泌します。皮膚は脂性はだに傾きます。

朝は「水洗顔」夜はメイクを落とすために純石鹸で洗いますが、メイクをしていない場合は基本「水洗顔」を行います

ワセリンで肌を保護

純石鹸で洗顔した後はしばらく何もつけないようにします。

乾燥肌対策として化粧水などを使うとき、洗顔後なるべく早く水分を入れ込み…と言われていますが、肌には自己回復力がありますからその必要はないようです。

どうしても乾燥がや肌荒れが気になるときはワセリンを少量塗ります。手のひらで温めて柔らかくなったワセリンを手で押さえるように付けます。決してこすらないように。

つけすぎは皮膚の呼吸を妨げ、乾燥の原因になります。米粒の半分を綿棒ですくう程度。

ワセリンの種類

ワセリン(欧文表記:Vaseline)は、保湿剤のひとつ。石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもの。ワセリンは皮膚表面にパラフィンの膜を張り、角質層の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果に加え、外的刺激から皮膚を保護するという働きがあるワセリンという場合、一般的には白色ワセリンを指す事が多い。引用元:ウィキペディア

白色ワセリンには第3種医薬品と化粧用油の2種類があります。精製した白色ワセリンから不純物を取り除き純度の高い順に3種類に分けられます。

「白色ワセリン」「プロペト」「サンホワイト」です。

  • 白色ワセリン」は黄色ワセリンの純度を高めたものです。
    一般的にワセリンというと白色ワセリンのことを指します。
    特別純度に拘らなくてよい場合は、医療機関でも白色ワセリンが使用されることが多いです。

    【用途】手足のヒビ、アカギレ、皮膚のあれ、その他皮膚の保護

  • プロペト」は白色ワセリンの純度を高めたものです。
    目の近くなどデリケートな部位に使用する場合、プロペトが用いられます。
    医療機関でも使用されています。

    【用途】手足のヒビ、アカギレ、皮膚のあれ、その他皮膚の保護

  • サンホワイト」はプロペトの純度を高めたものです。
    皮膚に優しく低刺激性です。プロペトでも刺激があったり、かゆみやかぶれが出てしまう人や、赤ちゃんの肌にも使用できます。

    【用途】●乾燥性敏感肌のスキンケア●顔・からだ・唇のカサカサに●水仕事や日やけあとの肌荒れ防止

  • 精製されてない「黄色ワセリン」
    「ヴァセリン」白色ワセリンではなく黄色ワセリンです。医療ではなく化粧品として販売されています。用途はワセリンと同じです。ヴァセリンはボディー用、ベビー用、スキン用などのピュアなものまであります。
顔に塗るおすすめのワセリン5選と使い方や注意は?日焼けで黒くなる⁈ニキビに使える?

空気が乾燥する季節はどうしても肌の乾燥が気になります。赤ちゃんや子供さんのアトピーなど身体の保湿ケアが大事ですね。 身体が乾燥して痒くなる、手が荒れる、かかとのカサカサ、ひび割れにはワセリンが良いとい ...

続きを見る

日焼け止めはいらない‼

化粧下地

ワセリンで代用します。

ベースメイクはパウダリーファンデーション

クリームやリキッドファンデーションは界面活性剤が使われていないものか、大幅にカットされたものが肌のダメージが少ないようです。

パウダリーファンデーション、フィニッシュパウダーには界面活性剤が使われていないのでこれ肌を滑らかに見せてくれます。

日焼け止め

日焼け止めクリームには紫外線散乱剤と紫外線吸収剤が使用されています。SPFの効果が高いほどアレルギー反応や炎症を起こしやすいのです。

また、ハワイ州やパラオなど有害な化学物質を含む日焼け止めの販売を禁止する方向に進んでいます。日焼け止め成分が海に入ることでサンゴや海藻、魚介類に有害であるとしています。

肌に塗った日焼け止めを落とすためにはクレンジングを使い、洗いすぎることになりますから肌に負担をかけます。良いわけがありませんね。

帽子や日傘、サングラスで防ぐだけで十分なようです。どうしても日焼け止めクリームを使う場合は成分を調べ「石鹸で落ちる」と表記してあるものや「ノンケミカル」を使うようにします。

UVカット帽子

肌断食の経過と効果は?

肌断食を始める前にワセリンを準備しました。ドラッグストアにはいろいろな種類の商品が並んでいました。純度の高いものを選びたかったのですが、サンホワイトは置いてなかったのでプロペトを購入。10日が過ぎました。

乾燥肌は想像したよりは酷くない気がしましたが、肌はざらざら。ネットでサンホワイトを購入して使い比べました。

不純物は紫外線によって過酸化物を生成し、過酸化物は皮膚組織にダメージを与えるというので、純度の高いサンホワイトは化粧下地として最適です。刺激も匂いもなく少量でもザラザラはカサカサに変化。ワセリンを塗らなくても我慢できるくらいです。

くすみが取れたのか顔が少し明るくなった気がします。

かかとのひび割れにプロペトを使用したらケラチナミン配合クリームより早く改善しました。




まとめ

肌断食を始めるとき、すでに肌が傷んでいますので皮むけなど大変なことになりますから覚悟がいります。傷んでないと思っていた肌も実は傷んでいるのです。乾燥肌に耐えられず化粧品を使いだす人も少なくありません。

それぞれの肌の状態によって肌断食が正しいかどうかはわかりませんが、何もつけない=綺麗な肌ではありません。肌があれた状態を放置したら悪化するだけです。ワセリンまたは皮膚科に受診して処方薬を塗ることが肌荒れの対処の近道です。

私は、まだ肌断食を始めたばかりですが、とにかく楽です。何もつけないのは化粧品代がいらないということ。いままでのスキンケアは何だったのかと思いました。

しかし、肌の健康は食事や睡眠、適度な運動、ストレスなども影響しますから身体の健康を考えなくてはなりません。

心も身体も健康であってこその肌断食です。今後、どれだけ肌の状態が良くなるのか楽しみです。

-自分磨き

Copyright© ポジティブ・ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.