生活

秋の衣替えの時期はいつ?収納ケースや圧縮袋の使い方と断捨離の秘訣とは!?

一年に2回衣類の入れ替えをする衣替え。季節の変わり目は気温の変化が大きく悩みますね。衣替えの時期はいつなのかタイミングや収納のコツ、衣類のメンテナンスについてご紹介します。

衣替えは断捨離のタイミングでもあります。捨てることができず衣類が増えるばかりでは衣替えが面倒になります。そうならないためにも断捨離をしてから衣替えをする秘訣をご紹介します。

季節の変わり目は天候によって気温の差が大きくなり、着る服に悩みますね。衣替えのタイミングを外し、いつまでも先延ばしにしていると服が散乱してしまうことになりかねません。仕舞う頃になって「これがあったんだ!」とならないためにもきちんと分けて収納しておくことが大切です。

面倒がらずに整頓して収納しておけば衣替えはスムーズにできますので毎年悩むことがなくなります。

衣替えをする時期はいつ?

学生や企業に制服は、一斉に行う必要があるため毎年時期が決まっています。一般的に6月1日と10月1日の前後の日にちで実施されるところが多いようですが、寒い地域と温かい地域ではこの限りではありません。

衣替えのタイミング

春の衣替えの時期は6月です

5月から日差しが強くなり始め、早くも夏日になったり、と慌てて夏物を出すことがあります。実はそれがタイミングです。6月は梅雨の時期になり肌寒い日もあるため、しばらくは両方出したままになりがちです。ついつい冬物をしまうのが遅くなりませんか?

夏物を出したら、衣替えします。肌寒い日は、ジャケットやカーディガンなど羽織るもので調節しましょう。

衣替えは晴れた日を選んで行います。雨の日は湿度も高く避けたほうがいいですね。湿気があるものを収納するとカビが生える原因になります。晴れたお休みの日に一気に片付けると気持ちもすっきりします。

そのままにしておくと虫食いで穴が開いたり黄ばんだりします。衣類を出したとき困らないように、長持ちさせるためにも衣替えが必要ですね。

秋の衣替えの時期は10月です

まだ残暑厳しい時もありますからタイミングに悩みますが、気温の差に関係なく早めに秋物に切り替えることをお勧めします。10月は朝晩涼しくなってきますが日中暑いため、いつまでも半そでになりがちです。長そでを少し折り曲げて腕を出すだけで温度調節になります。秋の装いは早めがおしゃれです。

夏物をしまうときの注意

収納場所

衣類の収納は一定の室温で湿気のない場所を選び、屋根裏や、地下は避けましょう。収納場所が汚れていたり、カビが生えていたら適していません。収納場所が決まったら掃除をします。ケースを置くところも、ケースの中も確認しましょう。

洗濯してから収納

汚れていないように見えても汗や皮脂は長い間に変色してしまいます。来シーズンに取り出したら黄ばんでいたとならないようにきれいに洗濯します。着なかった衣類もそのまま収納せず、一度洗ってからしまいましょう。着なかったものも虫やカビ、ほこりが付着していることがあります。洗濯したら完全に乾かしてからたたみ収納します。

夏の素材と特徴

夏の衣類に使われる素材に天然素材と化学繊維があります。
その特徴を知って夏を快適に過ごし、夏が終わったら丁寧に収納します。

綿の特徴

  • 吸水性にすぐれている
  • 通気性がよい
  • シワになりやすい
  • 日光で黄ばみやすい

<綿素材を家庭で洗濯する場合の留意点>

  • どの洗剤でも洗える(生成りや淡色のものは蛍光剤無配合の洗剤で洗う)
  • シワになりやすいので、脱水は短めに
  • アイロンは高温(180~210℃)でかける

麻の特徴

  • 通気性がよく、涼感がある
  • 吸水性が高い
  • シワになりやすい
  • 摩擦により毛羽立ちやすい

<麻の素材を洗濯する場合の留意点>

  • どの洗剤でも洗える(生成りや淡色のものは蛍光剤無配合の洗剤で洗う)
  • シワになりやすいので、脱水は短めに
  • アイロンは高温(180~210℃)でかける

夏物衣類は、汗を含めた皮脂汚れが落としきれず残っている可能性があります。保管していたシャツやブラウスを取り出したら、襟が黄ばんでいた時は毎日の洗濯で落としきれなかった皮脂汚れが原因です。

黄ばみ対策のための洗いかた

皮脂汚れに強い衣料用洗剤に色柄ものにも安心な酸素系漂白剤を通常より少し多目に入れ、40℃前後の温水で洗います。
洗う時間は、15分程度必要です。皮脂汚れを落とすための洗剤や酸素系漂白剤が十分に働くにはそれぐらいの時間が必要だからです。時短コースは避けます。

化学繊維も同じようにしっかり洗ってからしまいましょう。

収納ケースや圧縮袋の使い方

収納は通気性の良い布性がおすすめです。ふわっとたたんでパンツ、シャツと種類ごとにしまうと出すときに迷いません。

デリケートなワンピースやドレスはハンガーに掛けたまま袋をかぶせて収納します。

最近は部屋にウォークインクローゼット収納がある家も多く、衣替えが必要ない家庭もあります。しかし、衣類を見直し整理する必要はあります。ウォークインクローゼットの中に収納ケースを活用して上手に無駄のない収納を心掛けたいですね。

まず確認すること

今使っている収納ケースが条件に合っているかどうかを見直す。
・今使っている収納ケースが、別の場所で使えるかどうかをチェックしてみる。
・収納場所の寸法を測って、ちょうどいい収納ケースを探す。

収納ケース

シャツ、パンツ、帽子、靴など種類ごとに分けて収納し、ケースに種類を明記しておくと取り出すときにわかりやすいです。


折り畳み式 、収納ボックス フタ付きは、シーズンオフのたたんだアイテム向き。クローゼットや高い場所などへも扱いが楽。高い場所にしまうときには、布製の軽量ケースが取り出しやすいです。

衣類は重くなりますので衣装ケースはあまり大きいものを選らばないことです。持ち上げたとき重いと移動が大変です。天袋や重ねて使用する場合は扱いやすい大きさを選ぶことが大切です。

押し入れなど奥行きがある場合は引き出し式収納ケースが便利です。押し入れの奥まで無駄なく使えます。積み重ねができますが高さに合わせて組み合わせるため必ず測ってから購入します。

引き出しタイプはたっぷり収納できます。引き出し式ケースは、着る頻度が高く、たたんでしまうアイテム向きです。引き出し式ケースをシーズン別に使い分けておけば、引き出し枠内のケースごと入れ替えるだけで衣替えができます。

収納スペースが少ない場合のおすすめの衣替え。衣類ではなく収納ケースごとの入れ替える、というやり方です。押入れは奥行があるので、奥と手前をわけて使うことができます。

そこで、春夏ものと秋冬もので収納ケースを分けて、今使っているシーズンのものを手前に、オフシーズンのものを奥に置くようにします。

そうすれば、ケースの場所を入れ替えるだけで衣替えが完了します。季節ごとに収納ケースの色を変えておくと、さらにわかりやすくなりますね。

ベッドの下を有効活用する場合は湿気がこもらないか確認が必要です。ベッドによっては寝汗がベッドの下にこもることがありますから注意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋には衣類用と布団用があります。布団やシーツなども衣類と同じように綺麗に洗濯してから収納します。

圧縮袋は空気を抜くためコンパクトになり場所をとらず有効活用ができます。

掃除機又はポンプが不要で、圧縮袋を手でクルクルと巻くだけで中の空気が抜けていきます。真空状態で収納されますので、湿気、埃、ダニやカビなどの侵入を防ぎ、清潔に保管できます。

袋の大きさによって衣類の収納枚数が違います。しまう衣類が多ければ圧縮袋の枚数が多くなりコストがかかります。冬物の厚手のものやセーターなどは量が減り圧縮袋が便利です。

断捨離の秘訣

衣替えは断捨離のチャンスです。衣類の入れ替えのタイミングで行えば整理しやすくなります。

  • 今シーズン着なかった衣類を断捨離しましょう。しまうときは来年も着るつもりで収納したものでも新しく買い足したものがあると衣類は増えていきます。基本的に3年着なかったら処分します。
  • 傷んだものや、色あせしたもの、サイズアウトしたものなど思い切って処分します。必ず ”ありがとう” と感謝してから捨てましょう。
  • 子供の服は次のシーズンにサイズアウトして着られないことがあります。Tシャツは汚れ方がひどく、落ちないものなどは処分します。
  • 買い替える必要がありますからシーズン終わりのセールの時に来シーズンのために買っておくのもいいですね。
  • 出した時も断捨離のチャンスです。着るつもりだったものも、いざ出してみたら変色していたりシミがついていたりします。一度、洗濯して落ちなかったら処分します。
  • 悩んだら一度着てみる。型崩れしていませんか?流行おくれのデザインではありませんか?着てみることで判断しやすくなります。
  • 手持ちの洋服の枚数を決めておく。1シーズンで必要な洋服は、トップス+ボトム+ワンピで30点までで充分と言われています。枚数を確認してみましょう。
  • いつか着るかもしれない。捨てるのはもったいないと思っても、いつか着るはずの「いつか」は、めったに来ないものです。




まとめ

来シーズンも、お気に入りの洋服が着られるように、衣替えをしましょう。
しっかりお手入れして仕舞うことでシミや黄ばみを残さず保管できます。もし大事な服にシミがついていたらクリーニング店で相談してみましょう。プロなら解決してくれるかもしれません。
案外、同じものを着まわしていることがありませんか?衣替えは衣類の断捨離のチャンスです。思い切って処分することが大切です。空きスペースができたら、きっと新しいお気に入りの服が入ることになるでしょう。
断捨離が済んだら収納です。収納スペースを有効活用し衣装ケースは計ってから購入しましょう。
衣替えを簡単に楽しく行えるといいですね。またお気に入りの服に会えるように。

-生活

Copyright© ポジティブ・ライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.