エンタメ 女優

真木よう子 アカデミー賞受賞時の肌が汚いのはなぜ⁈現在するべきこと5つとは?

映画『孤狼の血』での日本アカデミー賞 助演女優賞にノミネートされ、壇上でコメントを求められた時のことです。真木さんの顔がアップになったとき肌がデコボコして、毛穴が開いているのが丸わかりだったと話題になりました。

いつも綺麗な真木さんの肌はなぜ汚いボコボコだったのでしょうか?
真木さんが今、すべきこととはどんなことでしょう。

プロフィール

真木よう子(まき ようこ)
生年月日:1982年10月15日
出身地:千葉県印西市
身長:160cm
血液型:A型
所属事務所:そよかぜ(マネジメント契約 レプロエンタテインメント)

アカデミー賞受賞時の肌が汚いのはなぜ⁈

肌あれによるボコボコ肌

美肌は女性の永遠のテーマです。女優さんともなると特に綺麗でいる必要があります。最近のテレビは画像が高性能になり女優さん泣かせともいわれています。ワンカットずつの撮影や写真撮影の場合は化粧直しができますね。

ところが、授賞式や、記者会見など長時間に及ぶインタビューなどは化粧直しができないときがあります。ライトが当たり、汗で化粧が崩れてしまうこともあるのでしょう。

もともと綺麗な肌の場合は多少の化粧崩れもボコボコになったりしませんが、肌荒れをしていたりニキビ跡などをファンデーションで隠していた場合は化粧崩れしたら最悪ですね。アップになったらたまりません。

真木よう子さんの画像を見ると肌がボコボコしたものと、そうでないものがあります。画像は加工修正ができますからあまり信用できませんが。

売れっ子の女優さんになると睡眠不足やストレスなど肌荒れの原因も多いはず。肌荒れはファンデーションのノリが悪く、毛穴が目立ちボコボコします。

若い頃、オイリー肌でニキビができやすく、炎症によって肌を傷つけニキビ跡がボコボコになってしまうこともあります。最近の化粧品は悩みに対応した商品も多くでまわっていますのでボコボコ肌もある程度カバーできるようです。

古い角質や洗顔では落ちなかった汚れが毛穴に溜まりのも肌がボコボコしてくる原因になります。肌が脂っこい人は特になりやすく、毛穴が開きへこみが増えるとボコボコ肌になりやすいのです。

ボコボコ肌の原因はストレス?

真木よう子さんが受賞式に登壇した時の映像が、肌がボコボコだったというのはストレスが原因だったのかもしれません。

真木さんは出演を予定していた映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』を体調不良で降板しています。真木さんは主人公の親友で末期がんの女性を演じる予定でした。

製作関係者はその時の様子を「激やせぶりにびっくりした。手首や足首の細さが目立ち、末期がんの役なので“もう役作りをしているのかな。凄いね”と関係者の間で話題になった」と話しています。

真木さんは当時、激太りと激やせを繰り返し真木さんの知人は「トラブルなどで精神的に不安定な状態でもあるようだ」と気遣っています。

この降板について真木さんの意志ではなかったと伝えられています。事務所が体調を心配して迷惑が掛からないように降板を申し出、真木さんは下ろさないでほしいと願い出たそうです。事務所との意思疎通ができておらず2018年1月事務所から独立しています。

引用元:https://www.cinematoday.jp

2018年6月公開の『焼肉ドラゴン』の完成披露試写会で1月中旬に所属事務所フライングボックスとの契約を終了して以来初となる公の場で「新生活を前向きに生きる秘けつ」を聞かれ真木は「不安やいろいろことがあるかもしれないけど、悩んでもしょうがないと。笑っておけと」と応えています。ストレスは解消したのでしょうか。


引用元:https://news.livedoor.com

肌荒れが問題となった2019年3月1日の授賞式の前に放送されていたドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』(2019年1月 - 3月)の放送では肌荒れが気になりませんが、カバーできていたようです。


引用元:https://zatrendnews.com
土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』は授賞式後 2019年5月にクランクイン。
3月の肌荒れはまだ治っていないようにも見えますが、綺麗な素肌に戻ってほしいですね。

ボコボコ肌を治すには?

女優さんならエステに通ったり、高級な化粧品を使うこともできるでしょう。しかしスキンケアの基本は同じです。

  • 洗顔 メイクや汚れをしっかり落とす
  • 保湿 肌は水分と油分のバランスが大事
  • 睡眠 寝不足は肌荒れのもと
  • 栄養 バランスよい食事
  • 運動 適度な運動は血流を良くします
  • 心  ストレスをためない

現在するべきこと5つとは?

  1. 2019年冬ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』の視聴率がワースト1位でした。現在2019年夏ドラマボイス 110緊急指令室』が始まっています。1話の視聴率12.6%、2話の視聴率 8.4%、3話の視聴率10.7%となっています。
    真木さんだけの問題ではありませんが、視聴率を上げてほしいですね。

  2. 女優として大衆の前に出る以上演技力は勿論のこと、肌が汚いといわれないようにしっかりケアしてほしいですね。超美人ですから肌荒れしていても美人に変わりはありませんが、せめて指摘されないようにお願いします。
  3. SNSでは滑舌が悪い、セリフが棒読みという指摘がありました。多数の投稿があったのですから確かにそう聞こえたのでしょう。演技をする以上発声は基本です。指摘されるというのは少し問題があるということ、一時的なことかもしれませんが、直せることなら努力してほしいです。
  4. 女優といえども一人の女性です。女性としても幸せになってほしいですね。2008年に元俳優の片山怜雄と結婚、2009年 第一子となる女児が誕生したものの2015年に離婚しています。親権は真木さんにありシングルマザーとして子育てをしています。仕事と家庭の両立は容易ではありませんが、頑張ってほしいです。
  5. 仕事と家庭の両立には健康が欠かせません。ストレスによる激太り、激痩せは健康的ではありません。役作りのために体重を落とすこともあると思いますが、生身の人間ですから無理はよくありません。ファンのため、お子さんのためにも元気でいつまでも美しい姿を見せてほしいです。




まとめ

真木さんは「男兄弟の中で育ったせいか、男っぽく気が強い」と自認しています。女優として演技力の評価が高いのは負けず嫌いの努力家と言えますね。その演技力で再びアカデミー賞を受賞することもあるでしょう。その授賞式の壇上に立つときのためにスキンケアを怠らずストレスを溜めないようにしてほしいですね。

これからのご活躍を期待します。

深田恭子 メイクはなんで濃いの⁈年齢が38と言われる驚きの理由!

デビュー以来、CM、ドラマと数々出演していますが「可愛い」から「美しい」に変化を遂げている気がします。深田恭子さんは化粧品のCMで「フェイシャルサロン月2回♫」がお馴染みですね。 誰もが、サロンに行け ...

続きを見る

 

-エンタメ, 女優

Copyright© ポジティブ・ライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.