エンタメ 女優

関水渚 演技未経験でオーディション勝ち抜きブルーリボン賞の凄さとは⁈

“演技経験ゼロでヒロインを勝ち取った超天才演技少女”関水渚さん。新人賞を総なめにしました。

広瀬すずさん似の可愛さで人気上昇中です。

プロフィール

引用元:https://www.sponichi.co.jp

関水 渚(せきみず なぎさ)
生年月日:1998年6月5日
出身地: 神奈川県
身長:159㎝
血液型:O型
事務所:ホリプロ所属
特技:野球のスコアブックづけ、書道

2015年「第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン」のファイナリストに選ばれ、芸能界入り。

18歳でCMデビュー

関水渚 グリコ BifiXドリンク CM

関水渚 グリコ BifiXドリンク CM 関水渚 今からはじめよう篇2。6秒「関水渚はもうはじめてる」「効くぅ~~」

1,000人を越えるオーディションを勝ち抜き

デビュー作で受賞

引用元:https://li-quest.com

2019年、映画『町田くんの世界』で1,000人を越えるオーディションの中からヒロイン・猪原奈々役に選ばれ、映画初主演で女優デビュー。

  • 第43回山路ふみ子映画賞山路ふみ子新人女優賞
  • 第74回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞
  • 第62回ブルーリボン賞新人賞
  • 第93回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞

映画『町田くんの世界』の原作は『別冊マーガレット』で2015年から2018年まで連載され、『第20回手塚治虫文化賞』新生賞を受賞した安藤ゆきさんの同名漫画です。

オーディションに立ち会った北島直明プロデューサーは関水さんについて「演技経験もテクニックも何もないはずなのに、不思議な魅力というか華やかさというか、とてつもない伸びしろを感じ、彼女に賭けてみようと思いました」と選考理由を明かしています。

ルーリボン賞の凄さ

不安しかなかった?

演技のレッスンは辛くても楽しく

撮影前の3カ月間、石井監督の元で「気持ちを解放する」怒る、喜ぶ、泣く、もんもんとするなど、感情をあらわにするという独特なレッスンを受けた。

「悩んだし、難しいし、つらかった。だけど、つらくても楽しかった」と芝居の面白さに引き込まれていったようです。




まとめ

昨年はテレビドラマ『4分間のマリーゴールド』(2019年10月11日 - 12月13日)に出演。 現在公開中の映画『カイジ ファイナルゲーム』でヒロインを務め、日本テレビ『知らなくていいコト』に出演中です。

「石原さとみさんのようになりたい」と芸能界入り、石原さんのように素敵な女優さんに近づいていますね。これからの活躍を期待しています。

 

-エンタメ, 女優

Copyright© ポジティブ・ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.