西島秀俊 ドラマのはまり役は医者か警察かそれとも料理人か?大学時代がかっこいい!?

エンタメ

西島秀俊さんは映画、ドラマでいろいろな役柄を演じています。若い頃から映画好きで大学時代から役者を志し、実力派俳優に成長しました。

内野聖陽さんとのダブル主演の「きのう何食べた」の料理する姿も素敵ですが、2019年「任侠学園」ではやくざを演じます。どんな役も素敵ですが、はまり役はどれでしょうか。

大学時代にデビューした作品はアイドルのようにかっこいいです。西島さんの作品を調べてみました。

プロフィール
西島秀俊(にしじま ひでとし)
生年月日:1971年3月29日
出身地:東京都八王子市
身長:178㎝
血液型:A型
学歴:横浜国立大学工学部生産工学科中退。
横浜国立大学在学中、オーディションに合格して渡辺プロダクションに所属。21歳の時、連続ドラマ「はぐれ刑事純情派V」で俳優デビュー。

2014年11月19日、3年間の交際を経て16歳下の一般女性と結婚。2016年4月には第1子となる男児が誕生。2018年10月、第2子男児が誕生

ドラマのはまり役は医者か警察かそれとも料理人か?

医者

  • 『東城医大病院救命救急センター』(チーム・ジェネラル)速水晃一 – 西島秀俊 救命救急センター部長。

    引用元:hayamikouichi.blog75.fc2.com
  • ドラマ『無痛~診える眼~』開業医

    引用元:https://news.aol.jp
    人間を外側から見て、医学的徴候の診断だけで、その人間の健康状態や病気の進行状況を読み取ることができる。ある事件をきっかけに警察に協力するようになり、天才的な観察眼と経験の蓄積によって事件を解決に導く。どちらかというと医者版探偵ともいえる作品。

西島さんの優しさがにじみ出ている役柄ですね。

警察

西島さんの警察関係の役は多いですね。探偵や、刑事など、やはり一番しっくりくる気がします。作品も多く、アクションをやってもかっこいいです。

  • 『名探偵・明智小五郎』では探偵役
  • 『ストロベリーナイト』では警視庁捜査一課殺人犯捜査十係巡査部長。

    引用元:https://eiga.com
  • ダブルフェイス』ヤクザの幹部として潜り込み、麻薬取引を監視する潜入捜査官。
  • 劇場版 MOZU』妻子の死の謎を追う公安警察官

    引用元:https://cinemagene.com
  • ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」巡査部長

    引用元:https://eiga.com

刑事の役はどの作品も真面目で正義感の強い、俳優 西島秀俊でなければならない役柄ですね。

料理人

映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~

一流シェフという役柄で調理シーンも素晴らしい手さばきでした。


引用元:https://www.mingweekly.com

西島さんは料理をまったくしないそうです。最初は吹き替えも入る予定だったようですが、現場で「本人でいこう」というシーンがほとんど。ただきれいにさばこうというよりは、丁寧に調理しようというキャラクター設定でやりやすかったと言っています。

ドラマ『きのう何食べた?

食生活メインに展開する物語。日本の料理漫画作品をドラマ化。ストーリーには毎回かなりの調理のシーンがあり、料理のシーンもほとんどレシピ本同然の詳細な描写があり、食材や調味料の代用は何がいいかなどのアドバイスなども折り込まれています。


引用元:https://www.likejapan.com

当初は、料理シーンでの手元の吹き替えをする予定でしたが、かなり練習していたため西島さんが実際に料理しているところを撮影することが多かったようです。

「生姜焼きを作るオープニング映像も、実際に主題歌をかけながらその時間内に撮影するというものだったのですが、ふんわりテストをしてすぐ本番でOK。撮影がスタートして3日目とかのころだったと思うのですが、お二人の雰囲気がもうできあがっていて、感動しました」関係者

大学時代がかっこいい!?

横浜国立大学工学部の在籍中の大学時代はアルバイトで中学生たちに数学の家庭教師をしていました。高校ではバスケをしていたスポーツ万能で頭もいい。しかもイケメンでかっこいいです。

まるでアイドル!

大学在学中、テレビドラマ『はぐれ刑事純情派5』で俳優デビュー。


引用元:https://twitter.com

テレビドラマ『あすなろ白書』


引用元:https://twitter.com

居酒屋ゆうれい(1994)


引用元:websearch.rakuten.co.jp

アイドルではなく俳優!

所属している芸能事務所はアイドル路線で売ろうとしましたが、西島さんは今後のことを考え、演技力を備えた役者としてキャリアを積み、息の長い俳優を目指したいと正面衝突。事務所移籍とひきかえに、民放ドラマ5年間出演禁止という条件をのまされました。大手プロに逆らったことで、5年間干され続けました。

西島さんは干されていた間、酒や女に溺れることなく、ひたすら1人で映画館に入り浸り、食事をとる時間さえ惜しんで見続けました。年に300本以上見たといいます。そのすべてが役作りになっているのですね。

そのかいあって、国内外問わず豊富な映画知識を持ち、国際映画祭東京フィルメックスの審査員に選ばれました。凄いことですね、すべてがかっこいいです。



まとめ

西島さんは医者をやらせても、料理人をやらせても役に対する入れ込みは凄いです。料理のシーンは吹き替えが普通でも自身の努力で吹き替えがなしで撮影したいます。

医者の役でも探偵のようだったり、「メゾンドポリス」では元刑事ですが料理をしています。

芸能界を干されているときに映画を観尽くし役者の勉強を怠らず、ブレイク後はどんな役でもこなし、実力派俳優になった西島さんの作品はどれも素晴らしいです。これからの活躍も楽しみです。

コメント

  1. […] 西島秀俊 ドラマのはまり役は医者か警察かそれとも料理人か?大学時代がかっこいい!?西島秀俊さんは映画、ドラマでいろいろな役柄を演じています。若い頃から映画好きで大学時代から […]

タイトルとURLをコピーしました