イベント 旅行 還暦祝い

【東海版】還暦祝い 旅行のプレゼントにおすすめの予算別人気のプラン5選!

ご両親が還暦をお迎えするにあたり、お祝いを何にしようかと考えていらっしゃる方も多いと思われます。

「還暦(かんれき)」といえば、60歳のお祝いです。

還暦(かんれき)とは干支(十干十二支)が一巡し誕生年の干支に還ること。赤いちゃんちゃんこを着て赤ちゃんに還るという意味があったようです。赤には魔よけの意味があり、これからも長生きしてほしいという意味が含まれているようです。

60歳のお誕生日にご家族で集まり還暦を祝う会を催すと、普段は会えない孫たちの顔がみられ喜ばれます。ちょっと贅沢にホテルでお食事をプレゼントするのもいいですね。物であふれている昨今、断捨離や片付けが推奨され、品物によっては有難くないものもありますから、あらかじめご本人に欲しいものを聞いておくことをおすすめします。

プレゼントに喜ばれているものに旅行があります。

満60歳で定年とする企業もまだ多いのですが、2000年以降は満65歳定年の企業も増えつつあります。忙しく働いている間は、なかなか旅行に行かれない共稼ぎのご夫婦も多くいらっしゃいます。
必ずしも60歳ではなくても、ご夫婦一緒に行かれる旅行のプレゼントが喜ばれています。

ご予算がおありでしょうが、旅行券でプレゼントされたらご両親でお好きな場所へ行かれることもできますね。

東海地方でおすすめの場所をご紹介します。

三重県

還暦祝いは長寿のお祝いのなかで一番はじめのお祝いです。今まで元気に過ごせたことのお礼と、これからの健康や幸せを願って神社に参拝されることをおすすめします。

プラン1.お伊勢参り。

二見興玉神社⇒外宮⇒おかげ横丁⇒内宮の順にお参りしたら伊勢志摩の海を見ながら美味しい海の幸をいただきながらご宿泊。

神宮

伊勢神宮には、天照大御神(あまてらすおおみかみ)がまつられる内宮と豊受大御神(とようけのおおみかみ)がまつられている外宮があります。お参りの順番としては外宮の次に内宮となりますが、内宮だけお参りされる方もいらっしゃいます。内宮や外宮の中に別宮があり全部お参りするのが本来ですが、時間と体力と相談しながら周られると良いです。神聖な領域のパワーを感じさせます。

引用元:https://www.photo-ac.com

外宮30分コース、60分コース
内宮60分コース、90分コース
初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)

伊勢神宮の参拝の前に訪れてほしいのが、二見ヶ浦に位置する二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)です。御祭神に猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)を祀り、縁結び・夫婦円満・交通安全などにご利益のある神社。「二見ヶ浦の夫婦岩」で有名な神社です。伊勢神宮に参拝する前に身を清めるため二見浦で禊(沐浴)を行うのが慣わしでした。これを浜参宮と言います。

引用元:https://www.photo-ac.com

名古屋からお伊勢参りは日帰りができます。公共交通機関の場合はおとく切符のご利用がおすすめしです。レンタカーを借りて自分のペースで巡るのも良いですね。時間と心にゆとりが持てます。

伊勢神宮までの交通アクセス
らくらく伊勢もうで・おとく切符
ご宿泊のご予約

愛知県

プラン2.グルメ堪能の旅

愛知県の観光スポットには知多半島があります。魚料理の美味しいマルハ食堂が有名ですね。海老せんの里、魚太郎など魚介類を買いに訪れる人も多いですね。
名古屋市内なら徳川美術館、名古屋城など近隣に観光施設があります。

グルメと言ったら名古屋めし。名古屋市内の高級ホテルに泊まって夜景を見ながら美味しいものをいただくのがおすすめ。宿泊しなくてもディナーを高級ホテルでいただくのもいいですね

名古屋マリオットアソシアホテル

フランス料理 ミクニナゴヤ】52階 記念日プラン \18,000~/1名
52階、絶好のロケーションとアール・ヌーボーの気品溢れるインテリアに囲まれたラグジュアリーな空間で、 フランス料理の第一人者三國清三がプロデュースする本格フレンチ。

18階には中華料理、日本料理、鉄板焼などがあります。

名古屋キャッスルホテル

クラウン 鉄板焼】\15,000~/1名
雄大な名古屋城を背景に優雅なひとときをすごせる空間。
新鮮なお肉や魚介類を中心に目の前で焼く旬の美味しさを。

そのほかのホテル
名古屋プリンスホテル スカイタワー、名古屋JRゲートタワーホテル、

岐阜県

プラン3. 飛騨高山温泉巡り

飛騨高山を中心に白川郷、奥飛騨温泉郷、下呂温泉を選んでプランを立てる。

名古屋からJRワイドビューひだ号で2時間半で飛騨高山に到着。高山駅から高速バスで白川郷方面と奥飛騨方面を選択できます。飛騨高山を観光するのにはあまり時間がかかりません。古い町並みの散策のほか高山祭に使用する屋台を安置してある屋台会館見学と春慶塗の体験などです。
後は飛騨牛を堪能、ゆっくり温泉に入って過ごされるのがおすすめです。

名古屋からは日帰りで下呂温泉コース、白川郷コース、飛騨高山コースがあり、若い人たちに人気です。還暦旅行の場合は温泉宿でゆっくりされる一泊コースがおすすめです。

奥飛騨温泉郷

高山からバスで40分のところに奥飛騨温泉郷があります。5つの温泉からなり、平湯温泉、新平湯温泉、福地温泉、栃尾温泉、新穂高温泉それぞれ泉質が異なり足湯も楽しめます。

平湯温泉は新宿バスタから高速バスで4時間。東京方面から名古屋経由で行くより時間が短く交通費も安く済み景色が楽しめます。途中、諏訪湖で休憩があり長野の特産品を購入できます。平湯温泉バスターミナルからは乗鞍や上高地行きのバスが出ていますので高山市内観光の代わりに上高地の散策がおすすめ。絶景ハイキングが楽しめます。

新穂高温泉には新穂高ロープウェイがあります。北アルプスを一望でき四季折々の景色を楽しむことができます。天候によってはせっかくの景色が見られないことがありますから天候の確認が必要です。

引用元:https://www.photo-ac.com

温泉を楽しみながら古民家風な素敵な宿で飛騨牛を満喫できます。

おすすめな宿は人気の旅館
ご夫婦でお泊りになるのに最適な緑に囲まれた閑静な場所。露店風呂が充実し、食事が美味しいこと。新穂高温泉の谷旅館は全国人気温泉旅館で上位の旅館。オーナー拘りのおもてなしで満足間違いなし。同じ新穂高温泉にある槍見館は川沿いにあり、名前の通り露天風呂から槍ヶ岳が望める。
福地温泉は人気の旅館が多く、山里のいおり 草円にはお祝いのプランがありおすすめ。

引用元:https://www.soene.com

奥飛騨温泉郷観光協会ホームページ

下呂温泉

下呂温泉は日本三大温泉の一つです。美肌の湯としても有名でお肌に優しくからんで、絹のようにスベスベにしてくれます。名古屋からワイドビューで1時間30分。飛騨高山や白川郷を観光した帰りに下呂温泉に泊まるのがおすすめ。

下呂温泉協同組合オフィシャルホームページ

白川郷

世界遺産の合掌造り集落は一度は訪れたいところ。高山濃飛バスセンターから高速バスで1時間。
合掌造りの民宿で泊まるのも趣があります。

引用元:https://www.photo-ac.com

白川町役場ホームページ

静岡県

静岡の魅力と言えば世界文化遺産 富士山ですね。そして世界遺産 韮山反射炉、伊豆半島ジオパーク 堂ヶ島、城ケ崎が有名です。静岡を巡るコースは1泊2コースがおすすめ。移動には車が便利です。

プラン4.世界遺産「富士山」構成資産を巡るコース



引用元:https://hellonavi.jp

三保松原ー富士山本宮浅間大社ー白糸の滝ー山宮浅間神社ー東口本宮冨士浅間(あさま)神社(須走浅間神社)

プラン5.伊豆半島ジオパークを巡るコース(1泊2日)


引用元:https://hellonavi.jp
1日目 大室山 ー 城ケ崎海岸 ー かわづななだる ー 下田泊
2日目 竜宮窟 ー 石廊崎 ー ユウスゲ公園 ー 烏帽子山 ー 室岩洞 ー なまこ壁 ー 堂ヶ島 ー 黄金崎 ー 土肥港 ー 清水港

日本一の夕陽のまち堂ヶ島

心の底から癒させる西伊豆の宿で夕陽を見ながら海の幸をいただきます。旅館のほか民宿もおすすめ。民宿は1万円前後で、駿河湾より水揚げされたばかりの旬の海の幸が頂けます。

西伊豆堂ヶ島温泉郷

伊豆下田

下田港が水揚げ量日本一の美味しい金目鯛に舌鼓。


引用元:https://www.shimoda-city.info

下田の街を歩く

ペリーロードコース(1時間)ペリー上陸記念公園 ⇒ ペリーロード ⇒ 長楽寺 ⇒ 了仙寺
歴史の散歩道コース(1時間30分)下田市観光協会(道の駅開国下田みなと2F)⇒ 松陰の小径 ⇒ 弁天島 ⇒ 玉泉寺・ハリス記念館
歴史の散歩道コース (2時間)下田市観光協会駅前案内所 ⇒ 稲田寺 ⇒ 海善寺 ⇒ 宝福寺 ⇒ 吉田松陰拘禁の跡 ⇒ 欠乏所跡 ⇒ ペリー上陸記念公園 ⇒ ペリーロード ⇒ 長楽寺 ⇒ 了仙寺
いづれも出発時間は、10時と13時30分がありガイド料が必要です。詳しくは観光サイトへ

伊豆下田観光協会公式サイト



まとめ

還暦のお祝いにプレゼントするなら東海地方でおすすめをご紹介しましたが、還暦ではなくとも行きたい人気コースです。

お参りコース、グルメコース、温泉コース、世界遺産コースなど自然豊かなところで癒されたら、これからも元気で頑張っていただける気がします。このコースをご自分でも体験していただけたら良さを実感していただけるでしょう。

出発される地点によって予算や日数が変わりますが、食べるものにお金をかけるか、お宿にお金をかけるか、観光にお金をかけるかは、人それぞれで価値観が違いますからお祝いされるかたのご意向をくみ取って計画されることをおすすめします。

東海地方以外は次回記事となります。

-イベント, 旅行, 還暦祝い

Copyright© ポジティブ・ライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.