夢を叶えるためにすること①自分がなりたい環境に身を置く

マインド

素敵な女性は言葉遣いも素敵です。
言葉は自分のイメージを表しますね、乱暴な言葉を使えば乱暴なイメージを与えます。
自分のなりたいイメージの言葉を使いましょう。

プラスの共鳴を受ける環境に身を置く

人は、親を選んで生まれてくることができるのでしょうか。
お金持ちの家に生まれることも、貧乏な家に生まれることも選べるでしょうか。
両親が揃っていることや、片親であったり、祖母に育てられたことなどの小さい時に育った環境は選ぶことはできません。環境が与える影響は計り知れないです。

しかし、貧乏な家庭で育ってもお金持ちになる人はたくさんいます。生まれた時の環境、育った環境だけで決まるわけではありませんね。
大人に成長する過程や大人になってからは自分次第でどうにでも環境を変えることができるのです。

私の親は離婚し、4歳のころから片親です。暮らし向きは楽ではありませんでしたが周りに助けられて育ちました。今度は母親を助けるため少しでもお給料の高い起業に就職しようと頑張って一流の金融機関に就職できたのです。

 

潜在意識はお互いに影響しあっている

これを共鳴といいます。
自分が目標とする人、尊敬する人、楽しい人、元気にな人、憧れの人と共鳴が起こる環境に自分の身を置くことがとても重要です。

楽しい人のそばにいたら楽しいですですし、元気な人のそばで元気をもらうこともありますね。泣いている人のそばでは自分まで悲しくなってきます。
学生時代に良い先生に巡り逢い成績が伸びたり、職場で良い上司に恵まれ営業成績が上がったり、出会いが人生を大きく変えることもあります。

女性は結婚する相手の影響も受けます。経済的に裕福な人となら生活に余裕ができるでしょう。愛があれば良いという人もいます。自分から進んで環境を選ぶこともできるのです。

会いたい人に会いに行きましょう。プラスの環境に身を置けばモチベーションも上がります。

言葉は大事な環境の要素です

言葉は潜在意識にイメージを与えます。
言葉によってプラスのイメージ、マイナスのイメージを潜在意識に与えます。
不平、不満、愚痴、悪口、否定的な言葉はエネルギーがマイナスに向かいます。

言葉は現実を作ります。
相手から受ける言葉の影響があります。言葉遣いの悪い環境にいる子供は、知らず知らずのうちに同じような言葉を使います。悪い言葉は悪い現実を引き寄せてしまいます。

例えば、「お前は馬鹿だ、馬鹿だ」と言われ続ければ自分は馬鹿だと思い込みます。坂道を走っている子供に「転ぶよ!転ぶよ!」と言ったら転んでしまった。
このように自分の発するマイナスの言葉に気づき、リフレーミングするように心掛けましょう。

良いところを見つけて「よくやった!」と褒めたり、坂道では「気を付けて!ゆっくり!」という具合にです。
自分のこともに対してみ同じです。何をするにも「だめだ!、ダメだ!」と言っていたらうまくいくこともダメになります。

言葉は暗示のパワーがある

スポーツ観戦をするとき、必死に応援します。プレーしている人は応援が力になります。
「応援のおかげです」と言う通り言葉にパワーがあるのです。

自分が言った言葉を潜在意識はそのまま受け取ります。
自分を褒めたり励ましたり、自分を応援しましょう。言葉に出すことで自己価値が高まり自信に繋がります。
否定的な言葉を使わず、なりたいイメージが生まれる言葉を選んで使いましょう。




 

まとめ

自分が目指すステージにいる人と共鳴する環境に積極的に身を置くことは、自分をそのステージまで早く引き上げてくれます。セルフイメージに見合う言葉を使うように心がけ、否定的な言葉を使わない。自分は素敵に輝いていると暗示をかけたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました